運転免許と就活

運転免許の有無は就活にどのような影響があるか、ご説明いたします。業界、職種により、運転免許が有利になる事があります。例えば、車業界ご希望の場合は必要ですし、その他にも介護業界、賃貸物件を扱う不動産業界はお年寄りやお客様の送迎に車が必要なので、運転免許は必要です。また、IT業界であってもカスタマーエンジニアという職種であれば、車で現場に行く場合がありますし、全国に支社がある企業、営業職には車の運転は欠かせません。このように考えますとかなり、幅広い職業で運転免許があれば便利ということになります。

そうなれば、やはり早めの運転免許取得が後の就活時に役立つという事です。大学3年生になれば、就活で忙しく、運転免許を取る講習を受ける時間が取れなくなってしまうことが考えられますから、大学入学前に運転免許を取得して余裕をもって就活にいそしみましょう。就活で大変になる前にバイトをしたり、サークル活動を楽しんだりもしたいでしょうし、バイトでお金を貯めて海外旅行や留学などに使うのも良いです。大学生活は一生で考えれば、ほんの一時です。思いきり楽しみたいものでしょう。ただ、後でツケが回らぬよう、運転免許取得は早めに合宿免許を利用しましょう。